株式・証券関連用語集

テクニカル分析

主に株式・商品取引・為替などの投資において、チャートなどを使い売買の判断を行う投資分析方法です。
テクニカル分析に対して、財務や会社の収益性、経済状況などを基に売買の判断を行う分析方法はファンダメンタルズ分析といいます。

テクニカル分析の場合、出来高や株価の推移、テクニカルパターンといわれる過去の経験則に基づく株価の動きを基に、株価の上下を予想します。一般的に、長期投資家よりもデイトレーダーなど短期投資家が好んで使用する分析方法といえます。

テクニカル分析はさまざまな方法が考えられていますが、大きく分類すると市場のトレンド(方向性)を見極めることを目的としたトレンド系分析(移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表など)と、現在のトレンドの強さや過熱感など変化の大きさや兆しを察知することを目的としたオシレーター分析(RSI、ストキャスティクス、MACDなど)の2つに分けられます。
これらをいかに分析するか、またその精度をいかに向上させるかなどが検討されており、そのための計算ツールも多く開発されています。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ