株式・証券関連用語集

MACD

株価の上がり下がりを予測する際に移動平均線が用いられることがよくありますが、MACD(マックディと読みます)においては指数平滑移動平均線が用いられます。

通常の移動平均線の場合には、対象期間内の株価を単純平均して作るのに対して、指数平滑移動平均線は新しい日の比重を高くするようにして平均を取ります。短期平均と長期平均の指数平滑移動平均線を作り、さらに短期平均から長期平均を引いたものを作るのです。その線をMACDと呼びます。

上昇トレンドにおいてはMACDがプラスになり、下降トレンドではマイナスになるのが一般的です。MACDが下降から横ばいに変わったときに、株価も上昇に転じやすいため、そこを狙って買うという使い方をします。

そして上昇から横ばいに変化したときを狙って売ります。また、MACDはMACDシグナル(MACDの移動平均線)を併用し、MACDがMACDシグナルを下から上に突き抜けるゴールデンクロスで買い、逆に下に突き抜けるデッドクロスで売りといった使い方もされます。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ