取引所CFD
(くりっく株365)くりっく株365

公的な取引所の株価指数証拠
金取引を業界屈指の格安手数料
と充実の取引ツール、
豊富な投資情報でお客さまを
強力にサポートします。

東京金融取引所に上場する
株価指数やETFの証拠金取引

日本で初めての、公的な取引所による
差金決済型の株価指数証拠金取引(CFD)です。
日経平均株価(日経225)やNYダウ、
NASDAQ-100など国内外の株価指数に加えて、
金や原油のETFにも投資ができます。
少額の資金で、ほぼ24時間取引することができ、
配当も受け取れます。

投資資金の
効率を高めたい

日中だけでなく
夜間も取引したい

配当などを
受け取りたい

岡三オンラインが選ばれる理由

業界屈指の格安手数料

片道1枚156円(税込) 片道1枚156円(税込)

使いやすい取引ツール

大人気のe-profit FXも無料 大人気のe-profit FXも無料

豊富な投資情報

当社オリジナルの情報に加え岡三証券のリサーチ部門の情報が無料 当社オリジナルの情報に加え岡三証券のリサーチ部門の情報が無料

配当相当額

「くりっく株365」では、買いポジションを保有している場合、株価指数の構成銘柄に配当があれば、その都度、株価指数ベースでの配当相当額が付与されます。(売りポジションの場合は同額を支払います。)配当相当額は予想配当に基づき、東京金融取引所が算出し、権利付最終取引日の翌取引日に付与されます。

DAX®リセット付証拠金取引、金ETFリセット付証拠金取引及び原油ETFリセット付証拠金取引については、配当相当額が発生しません。

2021年の配当相当額実績

日経225リセット付証拠金取引

年間 8

45,375 / 1枚あたり

2021年12月末時点の必要証拠金
89,080円(1枚あたり)

NYダウリセット付証拠金取引

年間 79

6,270 / 1枚あたり

2021年12月末時点の必要証拠金
7,170円(1枚あたり)

FTSE100リセット付証拠金取引

年間 49

24,914 / 1枚あたり

2021年12月末時点の必要証拠金
13,570円(1枚あたり)

NYダウリセット付証拠金取引と、NASDAQ-100リセット付証拠金取引の売買単位は他のリセット付証拠金取引の10分の1であるため、配当相当額も10分の1となります。

リセット日が異なる同一株価指数において、配当相当額は同額です。

注目情報

くりっく株365 入門ガイドブック(PDF)

「くりっく株365」の仕組みや特長などについて、投資初心者の方にも簡単にご理解いただけるよう、分かりやすく解説しています。

くりっく株365 入門ガイドブック

手数料・証拠金

証拠金基準額は、東京金融取引所が毎週第一取引日に算出し、同日公表のうえ、翌週の取引日に適用されます。

取扱商品 倍率 証拠金基準額 手数料(税込)
2022/05/23~
2022/05/27
2022/05/30~
2022/06/03
日経225リセット付証拠金取引
100倍 96,530円 95,860円 156円
DAX®リセット付証拠金取引
45,340円 46,610円
FTSE100リセット付証拠金取引
17,620円 17,310円
NYダウリセット付証拠金取引
10倍 9,560円 9,930円 30円
NASDAQ-100リセット付証拠金取引
6,430円 6,400円
金ETFリセット付証拠金取引
100倍 52,560円 50,100円 330円
原油ETFリセット付証拠金取引
24,710円 23,300円

サポートコースの手数料はこちら

取引時間

「くりっく株365」の「日経225」と「NYダウ」、「NASDAQ-100」では午前8時30分から翌朝午前6時(サマータイムは午前5時)までのほぼ24時間、さらに日本の祝日※でも取引ができます。このため、日本のマーケットが開いていない時間帯や祝日に海外で相場が急変した時でも、ほぼどの時間でも取引できるため海外市場の動向を踏まえたタイムリーな取引ができます。※1月1日(1月1日が日曜日にあたるときは、1月2日)を除く。

取引時間 取引時間

くりっく株365の取引時間(標準時間)

投資情報

人気の情報分析ツール

相場情報、複数の分析チャート、市況ニュース、
統計データなど豊富なコンテンツがご覧いただけます。

お手軽に「テクニカル分析」

最大4画面のチャート表示で出来高や建玉数量、
売買比率も確認できるので、
くりっく株365投資家の売買動向が一目瞭然です。

究極の移動平均線

小次郎講師(手塚宏二氏)が推奨する
「移動平均線大循環分析」の基本的な解説です。

投資に役立つ

お取引に役立つ鮮度の高い当社オリジナルの
投資情報を日々配信しています。

情報ツール活用術

取引ツール特設サイト

  • 「日経平均株価」は日本経済新聞社が、「ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)」はS&P DOW JONES INDICESが、「NASDAQ-100」はNasdaq, Inc.が、「DAX®」はコンティゴ インデックスGmbH及びドイツ取引所グループが、「FTSE100」はFTSEが、知的所有権等一切の権利を有します。詳細はこちらをご確認ください。
  • 各ライセンサーは本商品のスポンサー、保証、販売促進を行っておらず、東京金融取引所の株価指数証拠金取引に一切の義務ないし責任を負うものではありません。
  • 「株365」「くりっく株365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標であり、同取引所が上場している取引所株価指数証拠金取引の愛称として使用するものです。
  • 「取引所株価指数証拠金取引株365」「取引所CFDくりっく株365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標です。
  • キャラクター「カブリエル」及び「ハイトードリ」の著作権は、株式会社東京金融取引所にあります。
ご注意

リスク

【株式等】株価変動による値下りの損失を被るリスクがあります。信用取引、先物取引、オプション取引、株価指数証拠金取引(以下、「株価指数CFD」)および暗号資産関連店頭デリバティブ取引(以下、「暗号資産CFD」)では、投資金額(保証金・証拠金)を上回る損失を被る場合があります。株価は、発行会社の業績、財務状況や金利情勢等様々な要因に影響され、損失を被る場合があります。投資信託、不動産投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等は、裏付け資産の評価額(指数連動型の場合は日経平均株価・TOPIX等)等、先物取引、オプション取引、株価指数CFDおよび暗号資産CFDは対象指数等の変化に伴う価格変動のリスクがあります。外国市場については、為替変動や地域情勢等により損失を被る場合があります。上場投資信託(ETF)および指数連動証券(ETN)のうち、レバレッジ型・インバース型の価格の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率に一定の倍率を乗じたものとは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資効果が得られないおそれがあります。上場新株予約権証券は、上場期間・権利行使期間が短期間の期限付きの有価証券であり、上場期間内に売却するか権利行使期間内に行使しなければその価値を失い、また、権利行使による株式の取得には所定の金額の払込みが必要です。株価指数CFDでは建玉を保有し続けることにより金利相当額・配当相当額の受け払いが発生します。【FX】外国為替証拠金取引(以下、「FX」)は預託した証拠金の額を超える取引ができるため、対象通貨の為替相場の変動により損益が大きく変動し、投資元本(証拠金)を上回る損失を被る場合があります。外貨間取引は、対象通貨の対円相場の変動により決済時の証拠金授受の額が増減する可能性があります。対象通貨の金利変動等によりスワップポイントの受取額が増減する可能性があります。ポジションを構成する金利水準が逆転した場合、スワップポイントの受取から支払に転じる可能性があります。為替相場の急変時等に取引を行うことができず不測の損害が発生する可能性があります。【暗号資産CFD】暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。暗号資産CFDは、暗号資産の価格変動によって、元本損失が生じることがあります。また、預託した証拠金の額を超える取引ができるため、対象銘柄の相場変動により損益が大きく変動し、投資元本(証拠金)を上回る損失を被る場合があります。【各商品共通】システム、通信回線等の障害により発注、執行等ができず機会利益が失われる可能性があります。

保証金・証拠金

【信用】最低委託保証金30万円が必要です。信用取引は委託保証金の額を上回る取引が可能であり、取引額の30%以上の委託保証金が必要です。【先物・オプション】発注必要証拠金および最低維持証拠金は、「(SPAN証拠金額×当社が定める掛け目)-ネットオプション価値の総額」とし、選択取引コース・取引時間によって掛け目は異なります。当社のWebサイトをご確認ください。また、変更の都度、当社のWebサイトに掲載いたします。【株価指数CFD】発注証拠金(必要証拠金)は、株価指数ごとに異なり、取引所により定められた証拠金基準額となります。Webサイトで最新のものをご確認ください。【FX】個人のお客様の発注証拠金(必要証拠金)は、取引所FXでは、取引所が定める証拠金基準額に選択レバレッジコースに応じた所要額を加えた額とし、店頭FXでは、取引金額(為替レート×取引数量)× 4%以上の額とします。一部レバレッジコースの選択ができない場合があります。法人のお客様の発注証拠金(必要証拠金)は、取引所FXでは、取引所が定める証拠金基準額とし、店頭FXでは、取引金額(為替レート×取引数量)×金融先物取引業協会が公表する数値とします。発注証拠金に対して、取引所FXでは、1取引単位(1万又は10万通貨)、店頭FXでは、1取引単位(1,000通貨)の取引が可能です。発注証拠金・取引単位は通貨ごとに異なります。Webサイトで最新のものをご確認ください。【暗号資産CFD】発注証拠金(必要証拠金)は、取引金額(銘柄レート×取引数量)×50%以上の額とします。発注証拠金・取引単位は銘柄ごとに異なります。Webサイトで最新のものをご確認ください。

手数料等諸費用の概要(表示は全て税込・上限金額)

【日本株】取引手数料には1注文の約定代金に応じたワンショットと1日の合計約定代金に応じた定額プランがあります。ワンショットの上限手数料は現物取引で3,300円、信用取引で1,320円。定額プランの手数料は現物取引の場合、約定代金200万円以下で上限1,430円、以降約定代金100万円ごとに550円加算、また、信用取引の場合、約定代金200万円以下で上限1,100円、以降約定代金100万円ごとに330円加算します。手数料プランは変更可能です。信用取引手数料は月間売買実績により段階的減額があります。信用取引には金利、管理費、権利処理等手数料、品貸料、貸株料の諸費用が必要です。【上場新株予約権証券】日本株に準じます。【中国株】国内取引手数料は約定金額の1.1%(最低手数料5,500円)。この他に香港印紙税、取引所手数料、取引所税、現地決済費用等の諸費用が必要です。売買にあたり円貨と外貨を交換する際には、外国為替市場の動向をふまえて当社が決定した為替レートによるものとします。【先物】取引手数料は、通常取引コースの場合、日経225先物が1枚につき330円(取引枚数により段階的減額あり)、日経225mini、ミニTOPIX先物、東証REIT指数先物、TOPIX Core30先物、東証マザーズ指数先物、JPX日経インデックス400先物が1枚につき44円、TOPIX先物、日経平均VI先物が1枚につき330円、NYダウ先物が1枚につき880円。アクティブ先物取引コースの場合、日経225先物が1枚につき275円、日経225miniが1枚につき27円です。【オプション】取引手数料は、日経225オプションが約定代金に対して0.176%(最低手数料220円)、TOPIXオプションが約定代金に対して0.22%(最低手数料220円)です。【株価指数CFD】取引手数料は、セルフコースは1枚につき330円、サポートコースは1枚につき3,300円です。【投資信託】換金時には基準価額に対して最大0.50%の信託財産留保金をご負担いただく場合があります。信託財産の純資産総額に対する信託報酬(最大2.42%(年率))、その他の費用を間接的にご負担いただきます。また、運用成績により成功報酬をご負担いただく場合があります。詳細は目論見書でご確認ください。【FX】取引所FXの取引手数料は、セルフコースはくりっく365が無料、くりっく365ラージが1枚につき1,018円、サポートコースはくりっく365が1枚につき1,100円、くりっく365ラージが1枚につき11,000円です。店頭FXの取引手数料は無料です。スプレッドは、通貨ごとに異なり、為替相場によって変動します。Webサイトで最新のものをご確認ください。【暗号資産CFD】取引手数料は無料ですが、建玉を翌営業日に繰り越した場合に建玉金額の0.04%をご負担いただきます。スプレッドは、銘柄ごとに異なり、対象暗号資産の相場によって変動します。Webサイトで最新のものをご確認ください。

お取引の最終決定は、契約締結前交付書面、目論見書等およびWebサイト上の説明事項をお読みいただき、ご自身の判断と責任で行ってください。

ページトップへ