株式・証券関連用語集

出来高

株式は買い注文や売り注文を出しても、必ず約定するわけではありません。約定する場合でもすぐに約定するとは限らず、注文後しばらく経過してから約定する場合もあります。取引が成立するには相手が必要であるためです。成行注文であっても、すぐには約定しないケースがまれに見られます。そこで、実際に取引が成立した株数のことを出来高といいます。

出来高の多い銘柄なら、流動性が高く注文も約定しやすい傾向にあります。逆に出来高が低いと、その銘柄で取引をしている人が少ないことを意味し、注文を出してもなかなか約定しないことが多いです。指値注文を出してその金額まで値が上がっても、約定しないこともあります。銘柄選びで迷ったら、なるべく出来高の多い銘柄を選ぶのが望ましいでしょう。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ