立会外分売

岡三オンラインで立会外分売岡三オンラインで立会外分売

立会外分売は、取引所の取引時間外(売買立会外)に大株主等の大量の売注文を小口に分けて不特定多数の投資家に売出す売買方法です。

取扱銘柄

室町ケミカル
4885 スタンダード
要領 実施
予定日
2024/04/22(月)~
2024/04/25(木)
実施日 1970/01/01(木)
実施価格 -円 割引率 -%
実施日
前日終値
-円 実施株数 130,000株
最低申込
株数
100株 申込上限
株数
1,000株

取引概要

立会外分売銘柄をご購入いただく際の概要になります。詳しい情報は「取引ルール」をご覧ください。

購入時手数料 無料
申込受付時間 分売実施日の前営業日18:00~分売実施日の8:00
取扱銘柄 東証(プライム・スタンダード・グロース)、名証(プレミア・メイン・ネクスト)、福証(Q-Board含む)、札証(アンビシャス含む)に上場し、当社が選定する銘柄
申込資格

個人、法人問わずいずれのお客さまもご参加いただけます。

  • コンタクトセンターでの申込みは受付けておりません。
抽選・配分 申込みが多数の場合は、取引所からの当社割当株数に応じて、分売実施日に公平な抽選を行い、当選者を決定します。当選者は配分された株数が購入株数となります。
お手続き

立会外分売取引でのご購入を希望されるお客さまは、日本株取引システム(証券総合取引口座)ログイン後の「取引」-左メニュー「立会外分売注文」画面のご希望の銘柄欄より分売条件をご確認のうえ、注文してください。

立会外分売の流れはこちら

立会外分売スケジュール

立会外分売スケジュール

注意事項

  • 当社で立会外分売取引を行うには 、当社の証券総合取引口座を開設し、立会外分売に注文いただく必要があります。
  • 立会外分売取引でのご購入を希望されるお客さまは、取引ルールを必ずご確認ください。また、注文をされる際は、ログイン後の「立会外分売注文」画面のご希望の銘柄欄より分売条件をご確認のうえ、注文してください。
  • 注文に際しては、事前のご入金が必要となります。発注時に、必要金額(約定価格(分売価格)×注文株数)以上の現物買付可能額(日計り拘束金は買付可能額から控除されます)となるようにご入金ください。注文発注時に当該金額を拘束させていただきます。
  • 「要領」は、情報の提供のみを目的としており、投資その他の行動を勧誘するものではありません。銘柄の選択、注文などの投資にかかる最終決定は、分売条件をご確認の上、ご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いいたします。また、「要領」は当社における募集要項(予定日程)です。日程・条件その他の情報は変更となる場合がございますのでご注意ください。
  • お手続き方法等につきましてはこちらをご確認ください。

岡三オンラインではじめよう!
口座開設・管理料は無料!まずは口座を開いてみませんか?

ご注意

リスク

【株式等】株価変動による値下りの損失を被るリスクがあります。信用取引、株価指数証拠金取引(以下、「株価指数CFD」)および暗号資産関連店頭デリバティブ取引(以下、「暗号資産CFD」)では、投資金額(保証金・証拠金)を上回る損失を被る場合があります。株価は、発行会社の業績、財務状況や金利情勢等様々な要因に影響され、損失を被る場合があります。投資信託、不動産投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等は、裏付け資産の評価額(指数連動型の場合は日経平均株価・TOPIX等)等、株価指数CFDおよび暗号資産CFDは対象指数等の変化に伴う価格変動のリスクがあります。外国市場については、為替変動や地域情勢等により損失を被る場合があります。上場投資信託(ETF)および指数連動証券(ETN)のうち、レバレッジ型・インバース型の価格の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率に一定の倍率を乗じたものとは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資効果が得られないおそれがあります。上場新株予約権証券は、上場期間・権利行使期間が短期間の期限付きの有価証券であり、上場期間内に売却するか権利行使期間内に行使しなければその価値を失い、また、権利行使による株式の取得には所定の金額の払込みが必要です。株価指数CFDでは建玉を保有し続けることにより金利相当額・配当相当額の受け払いが発生します。【FX】外国為替証拠金取引(以下、「FX」)は預託した証拠金の額を超える取引ができるため、対象通貨の為替相場の変動により損益が大きく変動し、投資元本(証拠金)を上回る損失を被る場合があります。外貨間取引は、対象通貨の対円相場の変動により決済時の証拠金授受の額が増減する可能性があります。対象通貨の金利変動等によりスワップポイントの受取額が増減する可能性があります。ポジションを構成する金利水準が逆転した場合、スワップポイントの受取から支払に転じる可能性があります。為替相場の急変時等に取引を行うことができず不測の損害が発生する可能性があります。【暗号資産CFD】暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。暗号資産CFDは、暗号資産の価格変動によって、元本損失が生じることがあります。また、預託した証拠金の額を超える取引ができるため、対象銘柄の相場変動により損益が大きく変動し、投資元本(証拠金)を上回る損失を被る場合があります。【各商品共通】システム、通信回線等の障害により発注、執行等ができず機会利益が失われる可能性があります。

保証金・証拠金

【信用】最低委託保証金30万円が必要です。信用取引は委託保証金の額を上回る取引が可能であり、取引額の30%以上の委託保証金が必要です。【株価指数CFD】発注証拠金(必要証拠金)は、株価指数ごとに異なり、取引所により定められた証拠金基準額となります。Webサイトで最新のものをご確認ください。【FX】個人のお客様の発注証拠金(必要証拠金)は、取引所FXでは、取引所が定める証拠金基準額に選択レバレッジコースに応じた所要額を加えた額とし、店頭FXでは、取引金額(為替レート×取引数量)× 4%以上の額とします。一部レバレッジコースの選択ができない場合があります。法人のお客様の発注証拠金(必要証拠金)は、取引所FXでは、取引所が定める証拠金基準額とし、店頭FXでは、取引金額(為替レート×取引数量)×金融先物取引業協会が公表する数値とします。発注証拠金に対して、取引所FXでは、1取引単位(1万又は10万通貨)、店頭FXでは、1取引単位(1,000通貨)の取引が可能です。発注証拠金・取引単位は通貨ごとに異なります。Webサイトで最新のものをご確認ください。【暗号資産CFD】発注証拠金(必要証拠金)は、取引金額(銘柄レート×取引数量)×50%以上の額とします。発注証拠金・取引単位は銘柄ごとに異なります。Webサイトで最新のものをご確認ください。

手数料等諸費用の概要(表示は全て税込・上限金額)

【日本株】取引手数料には1注文の約定代金に応じたワンショットと1日の合計約定代金に応じた定額プランがあります。ワンショットの上限手数料は現物取引で3,300円、信用取引で1,320円。定額プランの手数料は現物取引の場合、約定代金200万円以下で上限1,430円、以降約定代金100万円ごとに550円加算、また、信用取引の場合、約定代金200万円以下で上限1,100円、以降約定代金100万円ごとに330円加算します。手数料プランは変更可能です。信用取引手数料は月間売買実績により段階的減額があります。信用取引には金利、管理費、権利処理等手数料、品貸料、貸株料の諸費用が必要です。【上場新株予約権証券】日本株に準じます。【中国株】国内取引手数料は約定金額の1.1%(最低手数料5,500円)。この他に香港印紙税、取引所手数料、取引所税、現地決済費用等の諸費用が必要です。売買にあたり円貨と外貨を交換する際には、外国為替市場の動向をふまえて当社が決定した為替レートによるものとします。【株価指数CFD】取引手数料は、セルフコースは1枚につき330円、サポートコースは1枚につき3,300円です。【投資信託】換金時には株式投信の場合、基準価額に対して最大0.50%の信託財産留保金をご負担いただく場合があり、公社債投信の場合、換金手数料として1万口につき最大110円をご負担いただきます。信託財産の純資産総額に対する信託報酬(最大2.42%(年率))、その他の費用を間接的にご負担いただきます。また、運用成績により成功報酬をご負担いただく場合があります。詳細は目論見書でご確認ください。【FX】取引所FXの取引手数料は、セルフコースはくりっく365が無料、くりっく365ラージが1枚につき1,018円、サポートコースはくりっく365が1枚につき1,100円、くりっく365ラージが1枚につき11,000円です。店頭FXの取引手数料は無料です。スプレッドは、通貨ごとに異なり、為替相場によって変動します。Webサイトで最新のものをご確認ください。【暗号資産CFD】取引手数料は無料ですが、建玉を翌営業日に繰り越した場合に建玉金額の0.04%をご負担いただきます。スプレッドは、銘柄ごとに異なり、対象暗号資産の相場によって変動します。Webサイトで最新のものをご確認ください。

お取引の最終決定は、契約締結前交付書面、目論見書等およびWebサイト上の説明事項をお読みいただき、ご自身の判断と責任で行ってください。

ページトップへ