株式・証券関連用語集

一目均衡表

一目均衡表とは、テクニカル分析で使うチャートの一つです。転換線、基準線、遅行線、先行スパン1、先行スパン2の5種類の補助線をローソク足に重ねることで、過去から将来にわたる値動きが表されます。

転換線は過去9日間の高値と安値の中間値を結んだ線で、基準線は過去26日間の価格について同様に結んだ線です。それぞれ相場の方向性を示しています。そして、遅行線は各日の終値を結んだ線を26日前にずらしたものです。先行スパン1は転換線と基準線の中間線を26日後にずらしたもので、先行スパン2は過去52日間の高値と安値の中間値を結んだ線を26日後にずらしたもの。それぞれ価格のトレンドを示しています。先行スパン1と先行スパン2に囲まれた部分を「雲」と呼びます。ローソク足が雲を上に抜けると株価が上昇基調に、下に抜けると下落基調に入ったことを示します。なお、雲の幅が厚いほど相場は反転しづらいとされています。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ