株式・証券関連用語集

CDO

CDOはCollateralized Debt Obligationの略で、日本語では債務担保証券と訳されます。貸付債権(ローン)や債券などの資産を担保に発行される証券化商品を指します。担保が貸付債権の場合はCLO、債券の場合はCBOと呼ばれます。

CDOをリスクの度合いで分けると、低い順からシニア債・メザニン債・ジュニア債と分類できます。シニア債はローリスク・ローリターン、ジュニア債はハイリスク・ハイリターン、メザニン債はその中間と考えると分かりやすいでしょう。そのため、投資を行う際は「どれだけのリスクなら許容できるか」「どれだけのリターンが欲しいか」を考えて選びます。

CDOは1980年代にアメリカで発行され始め、その後ヨーロッパや日本にも広まり、2000年代には多くの金融機関や機関投資家が投資対象として選んだ商品でした。しかし、2007年に起こったサブプライムローン問題により、担保となっていたローンが破たんしました。そのためCDOの価値も暴落し、巨額の損失を出した金融機関や機関投資家も少なくありません。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ