株式・証券関連用語集

CBO

Collateralized Bond Obligationの略であるCBOは、日本語で社債担保証券と呼ばれています。さまざまな会社の社債を裏付けとして発行する、資産担保証券(ABS)の一種です。つまり、投資家に証券を買ってもらう形で出資を受けて、その資金で数十社から数百社の社債券を購入し、そこから得られるキャッシュフローを用いて元利金の支払いを行う仕組みの金融商品を指します。

さらにCBOは、リスクレベル・利回りの条件で区分される場合もあります。リスクレベルで分類した場合、最も低い部分(トランシェ)がシニア債、中ごろの部分をメザニン債、最も高い部分がジュニア債(劣後債)と区分されます。リスクレベルが低ければ低いほど、信用力は高くなるのが特徴です。例えばシニア債は、いわゆるローリスク・ローリターンの商品と考えると分かりやすいでしょう。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ