株式・証券関連用語集

CLO

CLO(Collateralized Loan Obligation)は日本語でローン担保証券と訳されます。特定の資産を裏付けとする証券を資産担保証券(ABS 、asset backed security)といいますが、このうち裏付けとなる資産がローン(貸出債権)のものを指す言葉です。一般的には、リスクとリターンの程度に応じてシニア債(ローリスクローリターン)とメザニン債(ミドルリスクミドルリターン)、劣後債(ハイリスクハイリターン)の三段階に区分されています。

CLOは、もともとはアメリカで始まった仕組みです。ローンに直接投資できる機関投資家は限られていたため、証券化を行い、少額からでも出資が行えるようにしたものです。しかし、2008年に起こったリーマンショックの際は裏付けとなるローンのデフォルトが多発したため、CLOについても元本割れが続出し、商品についての信頼も急降下しました。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ