株式・証券関連用語集

CDS

Credit Default Swapの略です。社債・国債・貸付債権などの貸し倒れのリスク(信用リスク)をヘッジする役割を担うデリバティブ契約を指しています。この契約を用いた場合、債権者や投資家などの買手は事前に保証料(プレミアム)を支払うことで、契約の対象である融資・債権などが貸し倒れた(デフォルト)場合の損失を保証してもらえる権利(プロテクション)を手に入れられます。一方、証券会社・投資銀行などの売手は買手からプレミアムを受け取れますが、万が一貸し倒れた場合は、買手に対し損失を支払う義務を負います。

金融商品として広く投資の対象とされており、現在は個別企業を対象としたCDSのみならず、数十社のCDSの保証料を平均したCDS指数といったCDSそのものから発展した商品も開発されて取引が行われています。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ