株式・証券関連用語集

国債

正式名称は「国庫債券」といい、国(政府)が発行する債券のことをいいます。国(政府)が公共事業を実施するなど財政上必要な資金を入手するため、法律で定められた発行根拠に基づき、投資家へ向けて発行します。

国債を運用する一番のメリットは、その元本と利子を政府が保証しているので安全性が極めて高いということです。デメリットとしては、日本の国債は利子や割引額が低いため、見返りが少ない傾向にあります。

国債には利付国債や割引国債など、いくつかの種類があります。利付国債は、6カ月ごとに利息を受け取ることができ、満期時になると額面金額が支払われます。額面金額は発行価格と同じであることが多いです。一方、割引国債は利子がない代わりに、発行価格が額面金額よりも安い(=利息相当分が差し引かれている)ため、その差額で利益を出す形式となっています。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ