株式・証券関連用語集

目論見書

目論見書は、株式や債券、投資信託などの有価証券の募集あるいは売出しに際して、投資家に交付する有価証券の内容や、募集または売出しの条件を記載した書類のことです。
発行者名や事業内容、財務諸表、手取金の使途等の発行者に関する情報、発行総額、発行価格、利率、払込日、満期日等の発行する有価証券に関する情報、および引受人名、引受額、手数料等の引受に関する情報などが記載されています。

発行者が有価証券を販売する場合は、必ずこれを作成し、投資家に交付しなければならない(国債、政府保証債、地方債、金融債などに関しては、目論見書を作成する必要がない)とされており、目論見書の重要な事項について虚偽の表示がある、または重要な事実の表示が欠けている時は、発行者および当該目論見書を使用して有価証券を取得させた者は、当該有価証券の募集または売り出しに応じて当該有価証券を取得した者に対して、損害賠償責任を負います。ただし、目論見書の使用者が、相当な注意を用いたにもかかわらず、誤りを知ることができなかったことを証明したときはその限りではないとされています。

投資信託における目論見書には、「交付目論見書」と「請求目論見書」の2種類があります。このうち、交付目論見書は、購入しようとする投資家に必ずあらかじめまたは同時に交付しなければならないものとされています。交付目論見書は、運用会社が作成し、販売会社が投資家に交付するものなのに対して、請求目論見書は、投資家から請求があった場合に交付するもので、運用会社が作成し、請求があった場合には、販売会社が投資家に直ちに交付します。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ