株式・証券関連用語集

デルタ

デルタ(Delta)とは、オプション取引において原資産の価格が変動したとき、オプション料(プレミアム)がどの程度動くかを示す指標です。原資産の価格から強い影響を受けるため、重要視されています。オプション取引のリスク指標のひとつで、オプション料の変動額を原資産価格の変動額で割って求めます。コールオプションは0から1の正のデルタ値、プットオプションは-1から0の負のデルタ値で示されます。ITM(イン・ザ・マネー)になればデルタは1に近づき、原資産の価格の影響を受けてオプション料が上下します。またOTM(アウト・オブ・ザ・マネー)では0に近づき、オプション料に与える影響は小さくなります。ATM(アット・ザ・マネー)ではデルタ値が0.5に近づきます。コールオプションでデルタが0.7であれば、日経平均株価が100円上昇したときのオプション料は70円上昇することを表します。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ