株式・証券関連用語集

玉(ぎょく)とは、信用取引や先物取引、外国為替証拠金取引、オプション取引などで未決済のまま残っている約定のことを表す言葉です。建玉(たてぎょく)やポジションともいい、最小注文単位毎に1枚・2枚と数えられます。株を買う場合は買い玉、売る場合は売り玉といい、反対売買や現物の受け渡しで決済します。

投資家が買い玉を持っている場合は、対象資産が値上がりしたときに決済すると利益が発生します。一方で、売り玉を持っている場合は、対象資産が値下がりしたときに決済することで利益が発生します。ただし、取引を決済するまでは玉の評価上の損益が出ているにすぎません。取引を決済したときに、はじめて利益または損失の額が確定します。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ