株式・証券関連用語集

特定口座

株式投資によって得た利益は、課税対象になっています。国税である所得税が15パーセントと地方税である住民税が5パーセントで、合計すると利益の20パーセント※です。

基本的に、所得を得た本人が確定申告書を作成して税務署に提出することになりますが、証券会社に代わりに申告と納税を行ってもらう方法を採ることもできます。そのために必要になるのが、特定口座の開設です。証券会社で口座開設するときに、一般口座か特定口座かを選ぶようになっています。このときに特定口座の方を選択するだけで簡単に開設できます。

特定口座なら年間取引報告書を証券会社が作成してくれるため、申告に手間がかからないのです。特定口座はさらに2種類に分かれ、源泉徴収「あり」と「なし」を選択できます。源泉徴収ありなら、1年間に得た株式投資による利益から、税金分を源泉徴収される仕組みになっているため、自ら確定申告をしなくて済むのです。

平成25年1月1日から平成49年12月31日までは、所得税額に対し2.1%の「復興特別所得税」が課されるため、20.315%となります。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ