株式・証券関連用語集

コーポレートガバナンス・コード

コーポレートガバナンス・コードは、東京証券取引所と金融庁が上場企業に対して定めたコーポレートガバナンス(企業統治)に関する指針です。2015年6月1日から適用されています。

コーポレートガバナンスの目的は、上場企業の資本生産性や収益力、企業経営力を向上させ、雇用拡大・賃金の上昇・配当の増加など経済の好循環をさせることです。株主の権利・平等性の確保、株主以外のステークホルダーとの適切な協働、適切な情報開示と透明性の確保、取締役会等の責務、株主との対話が基本原則として定められています。上場企業はコーポレートガバナンス・コードに定められた原則を適切に実施することが求められており、実施しない場合は「コーポレートガバナンス報告書」でその理由を説明する必要があります。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ