株式・証券関連用語集

適時開示

日本の金融商品市場においては、国民の資産運用の円滑化と企業の長期安定資金調達の両立が目指されます。そのため、金融商品取引法に基づく法定開示制度と金融商品取引所による適時開示制度によって、投資判断に資する情報の提供を行っているのです。適時開示制度は金融商品取引所が定める規制によって、会社情報を適時に投資者に開示するために設けられているものです。報道機関を通じて、最新の情報を正確かつ迅速に伝達する役割を担っています。

なお、国内金融商品取引所における上場会社、および日本証券業協会の指定するフェニックス銘柄が開示した情報は、日本取引所グループの適時開示情報閲覧サービスから閲覧可能です。加えて、東京証券取引所に上場している会社の場合、過去1年分の適時開示資料を東証上場会社情報サービスで閲覧できます。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ