株式・証券関連用語集

金融商品取引法

金融商品取引法は、金融商品の取引における利用者の保護ならびに透明で公正な市場の形成を目的に定められた法律で、2007年9月30日から施行されています。金融商品によって異なっていた法律を一本化し、多様な金融商品に対応した内容です。利用者を保護する観点から、金融商品取引業者の顧客に対する説明義務が強化され、顧客に見合った商品を販売・勧誘することや、広告でリスクと手数料を明確に表示することなどが定められています。

一方、プロの投資家に対しては簡単な説明にとどめることを許容するなど、柔軟な対応も認められています。透明で公正な市場を形成する観点では、上場企業に対して四半期ごとの決算発表を義務づけているほか、不正な取引に対する罰則を強化したルールを定めています。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ