株式・証券関連用語集

分配金

分配金とは、投資信託の決算が行われた際に受益者に還元されるお金のことで、株式の配当金に類似するものです。収益分配金ともいいます。

委託会社(運用会社)がその投資信託の運用成果や今後の運用戦略などを考慮したうえで分配金の金額を決定するため、分配金が支払われなかったり、また前回の決算時に比べて少なくなることもあります。

分配金の原資は投資信託の資産であるため、分配金を支払うと分配金の金額だけ基準価額が下がることになります。

分配金は「普通分配金」と「元本払戻金(特別分配金)」の2種類に分けられます。前者は個別元本(受益者ごとの税法上の取得価格)を上回る部分からの分配金であり、課税対象となります。一方、後者は個別元本を下回る部分からの分配金であり、課税対象とはなりません。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ