株式・証券関連用語集

差金決済

現物の受け渡しを行わずに、反対売買による買付代金と売却代金の差額の受け渡しで決済を行うことを差金決済といいます。
現物の受け渡しがなく、損益の確定の際に差額をやりとりするという仕組みとなるため、レバレッジを効かせた大きな売買が可能であり、ハイリスク・ハイリターン型の取引となりやすい特徴があります。

投資商品では株式の信用取引、株価指数、国債の先物、オプション取引、外国為替証拠金取引(FX)、CFD取引、商品先物取引で適用されますが、株式の現物取引では適用されません。一般に差金決済は、ハイリスク型の取引であるため、思惑とは異なる方向に相場が動いた場合、資金ショートを起こす可能性が高いといえます。
そのため、決済を確実にすることを目的としてこれらの取引では証拠金制度(=その取引を保証する担保資金による運用)が導入されています。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ