株式・証券関連用語集

大発会

大発会とは、証券取引所の新年最初の取引日(最初の営業日)のことです。
土日と被らなければ、1月4日が最初の取引日(立ち会い)となります。もとは、年始(1月)の最初の取引日に行う発会からきている言葉で、そこから大発会というようになりました。以前は前場のみの取引でしたが、2010年からは終日となりました。大発会は新年らしく、晴れ着で参加する女性社員の姿も恒例となっています。

アノマリーではありますが、大発会日の取引は、新年最初のご祝儀相場によって株価が上昇することも多いです。これは年末の最終立ち会いである大納会で手仕舞いした反動買いが要因ともいわれています。しかし、近年は下落傾向にあり、荒れ模様のスタートとなることもあるようです。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ