株式・証券関連用語集

大納会

証券取引所は年末年始や土日祝日は休みになっており、取引が行われません。そして、1年の最後の取引日は12月30日になります。この日のことを大納会といいます。

東京証券取引所では、毎年ゲストの人が呼ばれ鐘をならすのが恒例になっています。土日が12月30日と重なった年には、前日または前々日が大納会になります。以前までは大納会の日は前場のみ取引を行っていましたが、現在では通常の取引日と同様に前場と後場の両方取引を行っています。午後3時でその年の取引が終わりというわけです。

大納会で1年の利益が確定するため、それより少し前に含み損を抱えた銘柄を思い切って売る人も多いです。ちなみに、新年最初の営業日は大発会といいます。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ