株式・証券関連用語集

前場

日本の取引市場では、午前と午後に分かれており2部制になっています。前場とは、株式市場が開いている営業時間の前半(9:00~11:30)の取引を指しています。また、午後の取引は後場といいます。

午前(前場)午後(後場)と取引の間に休憩時間が入り、この時間を挟んで株価の動きが大きく変動することもあります。前場の寄り付き(その日の売買が初めて成立)直後は、売買の注文が盛んに行われるため、最も値動きが激しい時間帯とされています。
したがって、値の上下変動によって利益を得るチャンスも多いといえますが、反対にロスも出やすいともいえます。また、前場では前日の世界の取引状況が反映されます。例えば、前日の後場のあとに世界の株式市況が大きく下落した場合、翌日の前場の開始後1時間くらいは影響が顕著に表れます。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ