株式・証券関連用語集

国際収支

一定の期間における居住者と非居住者の間で行われたあらゆる対外経済取引(財やサービス、証券等の各種経済金融取引、それらに伴って生じる決済資金の流れ等)を体系的に記録した統計です。

大きくは経常勘定(収支)と資本勘定(収支)からなります。経常勘定は、外国との物やサービスの取り引き結果の収支です。『経常勘定』は、輸出入の収支尻を表わす「貿易収支」、観光旅行、運賃、保険料などの収支尻を表わす「貿易外収支」、移民の郷里送金、賠償、無償経済協力などの収支尻を表わす「移転収支」から構成されています。家計でいう収入額や一般支出額を指します。『資本勘定』は、外国と投資や融資を行った結果の収支です。家計でいう貯金額に相当します。
そして、経常収支+資本収支+外貨準備高の増減+誤差脱漏=0の式が成り立ちます。

家計と異なり海外との取引が加わるため、為替の影響を受け、外貨準備高の増減という項目が入っています。この外貨準備高とは、外国為替相場を安定させて貿易をスムーズに行うことを目的に外貨建てで用意されているお金を指し、誤差脱漏は金額が大きく収支が合わない状況で誤差を修正する項目を指します。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ