株式・証券関連用語集

マル優

国債や地方債などを持っていると利子を受け取ることができます。銀行預金にお金を預け入れている場合も同様です。しかし、利子には税金がかかります。所得税が15パーセント、住民税が5パーセントという内訳で、合計20パーセントも税金がかかる仕組みになっているのです※。

一方で障がい者の人たちは、自らの能力で十分なお金を稼ぐのは難しいです。そのため障がい者に配慮し、政策的に障がい者の人は利子にかかる税負担が軽減されています。これをマル優と言います。具体的には元本350万円分に対する利子が非課税になるという制度です。身体障がい者手帳を持っている人に加えて、障がい年金や遺族年金、寡婦年金の受給者、児童扶養手当の受給者がマル優の対象になります。

上記とは別に利付国債と公募地方債のみを対象とした「特別マル優」という制度もあり、マル優とは別枠で1人につき額面350万円までに対する利子が非課税になります。

平成25年1月1日から平成49年12月31日までは、所得税額に対し2.1%の「復興特別所得税」が課されるため、20.315%となります。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ