株式・証券関連用語集

アービトラージ

同じ価値の商品が二つあり、値段が少し異なる場合に安い方の商品を購入して、高い方の金額と同じ金額で売ると、元々の商品の差額分だけ利益を出すことができます。これを投資に応用したのがアービトラージです。裁定取引と呼ばれることもあります。

投資の世界では、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点で反対売買を行うことで、理論上リスクなしで利益を得る手法となります。このため、理論的価格よりも割高な銘柄や割安な銘柄を狙って行われます。日経平均株価などの株価指数等の現物価格とその先物価格を利用した取引などが代表的です。

長期間割高な状態や割安な状態が続くことは、ほとんどありませんが、一時的に割高になったり割安になったりすることはよくあり、価格の歪みが収益機会につながります。理論上はリスクなしの取引ではありますが、割高な状態と割安な状態を見極めるのには、高度な知識が必要であるとともに、高いリスク管理能力が求められます。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ