株式・証券関連用語集

指値注文

株式等の取引を行う場合に、買うもしくは売る金額を指定して注文する方法です。対立概念としては成行注文というものがあります。
これは、売却注文の場合、「いくらでもいいから市場でついている値段ですぐに売ってくれ」と値段を指定しないまま注文をすることです。

この成行注文は指値注文よりも優先的に処理されます(=価格優先の原則)。一般的に、買いの成行注文を出した場合には最も安い売りの値段で約定が行われます。逆に、売りの成行注文を出した場合には最も高い買いの値段で約定が行われます。このように、成行注文は取引が成立しやすいというメリットがある反面、相場が大きく変動したときには、投資家の予想以上に高く買ったり、安く売れてしまうというデメリットがあります。一方の指値注文は、自分が指定した金額よりも高く買うことによって投資計画が狂ったり、自分が売りたい金額よりも安く売れてしまったので損をしてしまったりということが起こりませんが、指値に届かない場合は売買ができないというデメリットがあります。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ