株式・証券関連用語集

CB

CBとは、「Convertible Bond」の略称であり、かつては「転換社債」と呼ばれていましたが、2002年4月1日の商法改正に伴い、正式名称が「転換社債型新株予約権付社債」となりました。
文字通り社債の一種ではありますが株式のような側面も持っており、満期になる前にその社債を株式に転換することができるといった社債となります。

一般的に通常の社債は、株式に転換することはできませんが、CBは新株予約権を行使し、株式に転換することで、株価の動きによっては価格上昇により利益を得ることができます。また、株価が下落しているという逆のパターンの場合は、株式に転換せずに満期日で利息と額面額を受け取るという通常の社債と同様の運用をすることもできます。どれだけの株式数や行使できる期間等の条件は、CBによって異なります。

CBは一旦株式へ転換した後に社債へ戻すことや、新株予約権を分離譲渡することはできません。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ