日経225先物との比較・違い



取引所CFD「くりっく株365」は少額から、日中はもちろん夜間も取引ができ、配当が受け取れるなど、従来の金融商品とは異なるさまざまな魅力を持つ今注目の金融商品です。「くりっく株365」と他の金融商品との商品性の違いから、特徴を比較してみましょう。

日経225先物(日経225mini)との比較・違い

  • 取引期限がなく、無期限でポジションを保有できる。
  • 金利と配当を受払いすることで、より現物の日経225に近い価格で取引が可能。
  • ほぼ24時間の取引ができ、さらに祝日も取引ができる。
  • 呼び値(価格の単位)が1円単位なので、細かく利食いや損切りができる。

日経平均株価(「日経225」)を対象とする株価指数先物取引に大阪取引所の「日経225先物(日経225mini)」があります。
「くりっく株365」は従来の株価指数先物取引では満たされなかった、投資家の皆様からのニーズにお応えできる商品性を備えています。

  日経225証拠金取引 くりっく株365 日経225先物/日経225mini
日経225先物 日経225mini
投資対象 日経平均株価
取引単位 指数×100円 指数×1000円 指数×100円
決済期限 なし あり(約3ヶ月)
取引時間 8:30~翌6:00
(※米国ニューヨーク州 夏時間適用期間は、8:30~翌5:00まで)
8:45~15:15
16:30~翌5:30
レバレッジ 市場の価格変動に応じ変動
(数倍~数十倍)
祝日営業 あり なし
売りポジション 売りからも取引可能
呼び値単位 1円 10円 5円
ロスカット
ルール
あり なし
金利 あり(金利相当額) なし
配当 あり(配当相当額) なし
取引方法 完全マーケットメイク方式 オークション方式

「株式投資」との比較・違い

  • 投資対象が株価指数なので、何百、何千とある銘柄の中から投資対象を選ぶ必要がない。
  • 証拠金を担保にしてレバレッジをかけられるので、小額からの投資が可能。
  • ほぼ24時間の取引ができるので、ライフスタイルに合わせた投資ができる。

「株式投資」は株式市場がオープンしている午前9時から午後3時までの間しか取引することができません。「くりっく株365」の「日経225証拠金取引」なら、日本の株式市場のオープン前からニューヨーク市場のクローズまでほぼ24時間の取引ができます。

また、「株式投資」が市場に上場している個別の企業に投資するのに対して、「くりっく株365」の取引対象は日経平均株価(「日経225」)をはじめとした国内外の株価指数なので、株式投資のように何百、何千とある銘柄の中から、投資対象を選ぶ必要がありません。

  日経225証拠金取引 くりっく株365 株式取引
現物株式 信用取引
投資対象 日経平均株価 個別銘柄
取引単位 指数×100円 銘柄毎単元
決済期限 なし なし 銘柄により異なる
取引時間 8:30~翌6:00
(※米国ニューヨーク州 夏時間適用期間は、8:30~翌5:00まで)
9:00~11:30
12:30~15:00
レバレッジ 市場の価格変動に応じ変動
(数倍~数十倍)
なし 一般的に3倍程度まで
祝日営業 あり なし
売りポジション 売りからも取引可能 なし 売りからも取引可能
呼び値単位 1円 銘柄毎に異なる
ロスカット
ルール
あり なし
金利 あり(金利相当額) なし あり
配当 あり(配当相当額) あり あり
(信用取引配当金(配当落調整額))
取引方法 完全マーケットメイク方式 オークション方式
株主優待 なし あり なし

日経225連動型ETF(上場投信)との比較・違い

  • 「日経225証拠金取引」は、「日経225連動型ETF」に比べて取引時間が圧倒的に長い。
  • 買いポジションを保有している場合、権利付最終日の翌取引日に配当相当額を含み益として受け取れる。
  • レバレッジを活用することで、より投資効率の高い取引が可能。

日経平均株価(「日経225」)を投資対象とする金融商品に「日経225連動型ETF」があります。
「日経225連動型ETF」は日経平均株価に連動した上場投資信託で、株式同様に市場で売買することができます。ただし、取引時間が午前9時から午後3時までと限られているので、海外市場で相場が急変した時などタイムリーな対応が難しくなります。

  日経225証拠金取引 くりっく株365 日経225連動型ETF(上場投信)
投資対象 日経平均株価
取引単位 指数×100円 銘柄毎に異なる
決済期限 なし
取引時間 8:30~翌6:00
(※米国ニューヨーク州 夏時間適用期間は、8:30~翌5:00まで)
9:00~11:30
12:30~15:00
レバレッジ 市場の価格変動に応じ変動
(数倍~数十倍)
信用取引可能
(一般的に3倍程度まで)
祝日営業 あり なし
売りポジション 売りからも取引可能 信用取引口座を開設した上で信用取引を行う必要あり
呼値単位 1円 銘柄毎に異なる
ロスカット・ルール あり なし
金利 あり(金利相当額) なし
配当 あり(配当相当額) 支払利息や信託報酬等の費用控除後の配当等収益を年1~2回分配金として受け取る
取引方法 完全マーケットメイク方式 オークション方式

店頭CFD取引との比較・違い

  • 複数のマーケットメイカーにより提示された価格の中から、最も有利な価格を抽出し、リアルタイムで提供。
  • 金利相当額は受取側と支払側で同額(一本値)に設定。
  • 預けた証拠金は取引所に全額預託されるので、万一の場合も証拠金は原則、全額保護される。

株価指数を原資産とした証拠金取引には、東京金融取引所の「くりっく株365」(取引所取引)と店頭CFD取引(非取引所取引)があります。
「くりっく株365」は、取引所取引ならではの優位性と安心を備えた商品です。

  くりっく株365 店頭株価指数CFD取引
取引可能時間 原則、土・日・ 1月1日(1月1日が日曜日の場合は1月2日)を除いた毎日ほぼ24時間取引が可能
(海外株価指数を除く)
取扱会社によって異なる
投資家保護
(一般投資家)
日本投資者保護基金の対象
~補償金額は、一般顧客一人につき1000万円を上限
適用されない
取引価格 複数のマーケットメイカーにより提示された価格の中で、最も投資家に有利な価格で取引ができる
↓
CFD取扱会社が提示する価格での取引
(例)
マーケットメイカー 買い気配 売り気配 スプレッド
A社 10,802 10,810 8円
B社 10,800 10,805 5円
arrow
くりっく株365提示レート
買気配(数量) 売気配(数量) スプレッド
10,802 10,805 3円

レート提示におけるリスク
※相場の急激な変動時等には、マーケットメイカーがカバー取引と呼ばれる反対売買を行う現物・先物市場等での取引量が少なくなることから、スプレッド幅が 広くなったり、買呼び値または売呼び値が提示されずに投資家の皆様が取引を行えない等の、不測の事態が発生する可能性があります。
※各商品では複数のマーケットメイカーが常時レート提示を行うことになっていますが、一時的にレートを提示するマーケットメイカーが1社だけとなる、ある いは全くレート提示を行うマーケットメイカーが存在しなくなる状態が発生する可能性があります。

金利相当額 売り方が受け取る金利相当額と
買い方が支払う金利相当額は同額
↓
一般的には投資家が受け取る金利相当額は少なく、投資家が支払う金利相当額は多く設定していることが多い
(例)
くりっく株365
受け取り側 支払い側
2円 2円
(例)
店頭CFD取引
受け取り側 支払い側
LIBOR -3% LIBOR +3%
※受け取り側の場合、3%を引いてマイナス金利になるケースは0%となり、金利の受け取りはなくなる。
※LIBOR=ロンドンでの銀行間取引レートのことです
※「くりっく株365」の金利相当額は、全ての店頭CFD取引と比較し、常に受け取り額が多い、または支払い額が少ないということではありません
  • 「日経」及び日経平均株価の表示に対する知的財産権その他一切の権利は、全て日本経済新聞社に帰属しています。
  • ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)はSPDJIがライセンスに係る権利を保有しています。
  • DAX®はドイツ取引所の登録商標です。
  • FTSE100の全ての権利はFTSE International Limitedに帰属します。。
  • 「株365」「くりっく株365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標であり、同取引所が上場している取引所株価指数証拠金取引の愛称として使用するものです。
  • 「取引所株価指数証拠金取引株365」「取引所CFDくりっく株365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標です。
  • キャラクター「カブリエル」及び「ハイトードリ」の著作権は、株式会社東京金融取引所にあります。
ページトップへ