手数料や税制について

お取引の流れ
手数料や税制について

手数料について

株式取引では取引が成立した金額に応じて各証券会社が定めた手数料がかかります。もし、取引が成立しなかった場合は手数料はかかりません。

株式の取引が成立した時に必要な支払代金を受渡代金と言います。
受渡代金=買付(売却)価格×取引の成立した株数+手数料(税込)

また、手数料を除いた代金を約定代金といいます。
約定代金=買付(売却)価格×取引の成立した株数

現物株式の手数料

当社では投資スタイルによって選択できる2つの現物株式の手数料プランを用意しおります。

1.定額プラン
1日の約定代金の合計をもとに決定します。
2.ワンショット
1注文の約定代金をもとに決定します。

インターネットでのお取引手数料

お客さまがインターネットにおいてご注文いただいた場合の手数料体系です。

定額プラン ワンショット
1日の
約定代金合計額
税抜(税込):上限 1注文の
約定代金
税抜(税込):上限
~10万円 0円 ~10万円 99円(108円)
~20万円 0円 ~20万円 200円(220円)
~50万円 0円 ~50万円 350円(385円)
~100万円 0円 ~100万円 600円(660円)
~200万円 1,300円(1,430円) ~150万円 1,000円(1,100円)
以降100万円
増加ごとに
500円(550円)
ずつ増加
~300万円 1,500円(1,650円)
以降100万円
増加ごとに
300円(330円)ずつ増加
※3,000円(3,300円)を上限

コールセンターでのお取引手数料

1注文の約定代金 税抜(税込):上限
~ 50万円 5,000円(5,500円)
以降50万円増加ごとに 5,000円(5,500円)ずつ増加

詳しい現物株式の手数料一覧はこちら

現物株式の税金について

株式投資における利益は①配当金②譲渡(売却)益の2つがあり、それぞれに対して税金がかかります。

①配当金:
配当金は配当所得として税率20.315%※が課税されます。 源泉徴収のみで申告は不要です。もし、確定申告をする場合は総合課税(配当控除適用あり)、または申告分離課税が選択できます。

※所得税および復興所得税15.315%、住民税5%

②譲渡(売却)益:
売却によって生じた株式の譲渡益は譲渡所得として税率20.315%※の申告分離課税となります。譲渡損益は1月1日から12月31日までの1年間で計算され、期間中の売却収入から購入代金・費用(手数料など)を差し引いて計算します。

※所得税および復興所得税15.315%、住民税5%

原則として、確定申告が必要ですが、特定口座(源泉徴収あり)においては、お客さまに代わり、当社が譲渡所得金額の計算を行い、譲渡益税を源泉徴収し、納税手続きを行いますので、申告が不要となります。

現物株式の税金詳細はこちら

ページトップへ