株主優待・配当金で長期投資 主婦投資家Bさん

株主優待・配当金で長期投資
主婦投資家Bさん

「日々の生活の中から大事なものを見極める長期保有タイプ」

状況

日々の生活の中から大事なものを見極めて投資をするBさん。家事に必要な日用品や長く使っている化粧品などに注目し銘柄選びの参考にしています。株価の値上がりを期待して銘柄を買うこともありますが、自分の生活に関係のある株主優待が届くと気持ちが明るくなります。
自分の生活に密着した銘柄を持つことで、その企業の良い部分悪い部分がわかります。

利用しているサービス

今月の株主優待は何かな?株主優待銘柄をチェック

日々の生活の中から投資する銘柄のヒントを得るBさん。普段使っている洗剤や調味料、化粧品などのメーカーを中心に株式を保有しています。株主優待は日用品だけに限りません。食品・飲料品や各種割引券などその企業の特色がでる優待内容が数多くあります。 色々な株主優待があるため、カタログギフトを見ているように楽しんでいるBさん。ただ、効率的に良い株主優待を取得していきたいですよね。株主優待の権利日を見逃してしまっていたり、それに、3月または9月決算の企業が多く、株主優待が特定の月に集中することもしばしば。

Bさんは、株主優待の銘柄を選ぶ際に、岡三オンラインの「株主優待検索」ページを参考にしています。今月の優待銘柄一覧だけではなく、最低投資金額も掲載されているため、予算を立てやすいです。優待内容などの条件を設定し、絞り込み検索も可能。また、Webページでも確認できますが、メールにて今月の株主優待の中でおススメ銘柄を紹介してくれるので、時間がない時や、うっかり忘れていた時にも便利です。

株主優待銘柄を賢く買うには、、、手数料0円の定額プラン活用

色々な株主優待銘柄を賢く買っているBさん。優待内容だけではなく、株式取引の手数料にもこだわっています。

株主優待や配当金を貰えても手数料が高いとお得感が減ってしまいます。Bさんは数あるインターネットで取引をする証券会社の中から岡三オンラインを選びました。決め手は1日の株式約定代金が100万円まで取引手数料がかからない定額プランの存在です。

東証プライムをはじめとした全市場の上場銘柄で当社取扱銘柄うち9割以上の銘柄が100万円以下で売買可能となっています。また、100万円以下で売買可能な銘柄で株主優待を実施している銘柄は当社取扱銘柄の約3割の銘柄となります。株主優待を実施する企業の銘柄の半分以上が手数料0円で買えるため、株主優待狙いでも有利な手数料体系となっています。

100万円以下の約定代金である銘柄は1単元(100株)を取引した場合を想定

長期投資を活かしてNISAも活用

2014年1月からスタートしたNISA(少額投資非課税制度)。証券会社等で開設した非課税口座(NISA口座)で新規購入した上場株式や公募株式投資信託等の配当金や譲渡益などが、取得した年から最長5年間非課税となる制度です。

株主優待と配当金重視で投資をしているBさんは日々の株価の値上がり値下がりに一喜一憂せずに落ち着いて株を保有し続ける長期投資家です。NISAは最長5年間非課税になる制度であり、毎年120万円の非課税枠が付与されるので、これから毎年120万円投資をしていくと最大600万円の投資元本を非課税で運用できます。

Bさんは株主優待や配当金を受取りながらも、株価が十分値上がりしたところで売却することも念頭においているため、目先で売却をする機会があろうとなかろうと非課税制度はとても大きいメリットだと考えています。

他の投資スタイルへ

堅実にコツコツ投資

投資初心者Aさん

株主優待・配当金で賢く投資

主婦投資家Bさん

スマートフォンで楽々取引

今どき投資家Cさん

投資銘柄はしっかり分析

会社員投資家Dさん

退職金を活かして老後の資産運用

定年退職後のEさん

毎日株式取引をこなす

個人投資家Fさん

本コンテンツは架空の人物・事例を用いて証券投資一般に関する情報の提供をすることを目的として作成されたものであり、投資勧誘や特定の取引手法の推奨を目的とするものではありません。本コンテンツの情報によって生じたいかなる損害についても、岡三オンラインは一切責任を負いかねます。
投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

岡三オンラインの口座をお持ちでない方はインターネットで今すぐお申込み!

ご注意

リスク

【株式等】株価変動による値下りの損失を被るリスクがあります。信用取引、先物取引、オプション取引、株価指数証拠金取引(以下、「株価指数CFD」)および暗号資産関連店頭デリバティブ取引(以下、「暗号資産CFD」)では、投資金額(保証金・証拠金)を上回る損失を被る場合があります。株価は、発行会社の業績、財務状況や金利情勢等様々な要因に影響され、損失を被る場合があります。投資信託、不動産投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等は、裏付け資産の評価額(指数連動型の場合は日経平均株価・TOPIX等)等、先物取引、オプション取引、株価指数CFDおよび暗号資産CFDは対象指数等の変化に伴う価格変動のリスクがあります。外国市場については、為替変動や地域情勢等により損失を被る場合があります。上場投資信託(ETF)および指数連動証券(ETN)のうち、レバレッジ型・インバース型の価格の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率に一定の倍率を乗じたものとは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資効果が得られないおそれがあります。上場新株予約権証券は、上場期間・権利行使期間が短期間の期限付きの有価証券であり、上場期間内に売却するか権利行使期間内に行使しなければその価値を失い、また、権利行使による株式の取得には所定の金額の払込みが必要です。株価指数CFDでは建玉を保有し続けることにより金利相当額・配当相当額の受け払いが発生します。【FX】外国為替証拠金取引(以下、「FX」)は預託した証拠金の額を超える取引ができるため、対象通貨の為替相場の変動により損益が大きく変動し、投資元本(証拠金)を上回る損失を被る場合があります。外貨間取引は、対象通貨の対円相場の変動により決済時の証拠金授受の額が増減する可能性があります。対象通貨の金利変動等によりスワップポイントの受取額が増減する可能性があります。ポジションを構成する金利水準が逆転した場合、スワップポイントの受取から支払に転じる可能性があります。為替相場の急変時等に取引を行うことができず不測の損害が発生する可能性があります。【暗号資産CFD】暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。暗号資産CFDは、暗号資産の価格変動によって、元本損失が生じることがあります。また、預託した証拠金の額を超える取引ができるため、対象銘柄の相場変動により損益が大きく変動し、投資元本(証拠金)を上回る損失を被る場合があります。【各商品共通】システム、通信回線等の障害により発注、執行等ができず機会利益が失われる可能性があります。

保証金・証拠金

【信用】最低委託保証金30万円が必要です。信用取引は委託保証金の額を上回る取引が可能であり、取引額の30%以上の委託保証金が必要です。【先物・オプション】発注必要証拠金および最低維持証拠金は、「(SPAN証拠金額×当社が定める掛け目)-ネットオプション価値の総額」とし、選択取引コース・取引時間によって掛け目は異なります。当社のWebサイトをご確認ください。また、変更の都度、当社のWebサイトに掲載いたします。【株価指数CFD】発注証拠金(必要証拠金)は、株価指数ごとに異なり、取引所により定められた証拠金基準額となります。Webサイトで最新のものをご確認ください。【FX】個人のお客様の発注証拠金(必要証拠金)は、取引所FXでは、取引所が定める証拠金基準額に選択レバレッジコースに応じた所要額を加えた額とし、店頭FXでは、取引金額(為替レート×取引数量)× 4%以上の額とします。一部レバレッジコースの選択ができない場合があります。法人のお客様の発注証拠金(必要証拠金)は、取引所FXでは、取引所が定める証拠金基準額とし、店頭FXでは、取引金額(為替レート×取引数量)×金融先物取引業協会が公表する数値とします。発注証拠金に対して、取引所FXでは、1取引単位(1万又は10万通貨)、店頭FXでは、1取引単位(1,000通貨)の取引が可能です。発注証拠金・取引単位は通貨ごとに異なります。Webサイトで最新のものをご確認ください。【暗号資産CFD】発注証拠金(必要証拠金)は、取引金額(銘柄レート×取引数量)×50%以上の額とします。発注証拠金・取引単位は銘柄ごとに異なります。Webサイトで最新のものをご確認ください。

手数料等諸費用の概要(表示は全て税込・上限金額)

【日本株】取引手数料には1注文の約定代金に応じたワンショットと1日の合計約定代金に応じた定額プランがあります。ワンショットの上限手数料は現物取引で3,300円、信用取引で1,320円。定額プランの手数料は現物取引の場合、約定代金200万円以下で上限1,430円、以降約定代金100万円ごとに550円加算、また、信用取引の場合、約定代金200万円以下で上限1,100円、以降約定代金100万円ごとに330円加算します。手数料プランは変更可能です。信用取引手数料は月間売買実績により段階的減額があります。信用取引には金利、管理費、権利処理等手数料、品貸料、貸株料の諸費用が必要です。【上場新株予約権証券】日本株に準じます。【中国株】国内取引手数料は約定金額の1.1%(最低手数料5,500円)。この他に香港印紙税、取引所手数料、取引所税、現地決済費用等の諸費用が必要です。売買にあたり円貨と外貨を交換する際には、外国為替市場の動向をふまえて当社が決定した為替レートによるものとします。【先物】取引手数料は、通常取引コースの場合、日経225先物が1枚につき330円(取引枚数により段階的減額あり)、日経225mini、ミニTOPIX先物、東証REIT指数先物、TOPIX Core30先物、東証マザーズ指数先物、JPX日経インデックス400先物が1枚につき44円、TOPIX先物、日経平均VI先物が1枚につき330円、NYダウ先物が1枚につき880円。アクティブ先物取引コースの場合、日経225先物が1枚につき275円、日経225miniが1枚につき27円です。【オプション】取引手数料は、日経225オプションが約定代金に対して0.176%(最低手数料220円)、TOPIXオプションが約定代金に対して0.22%(最低手数料220円)です。【株価指数CFD】取引手数料は、セルフコースは1枚につき330円、サポートコースは1枚につき3,300円です。【投資信託】換金時には株式投信の場合、基準価額に対して最大0.50%の信託財産留保金をご負担いただく場合があり、公社債投信の場合、換金手数料として1万口につき最大110円をご負担いただきます。信託財産の純資産総額に対する信託報酬(最大2.42%(年率))、その他の費用を間接的にご負担いただきます。また、運用成績により成功報酬をご負担いただく場合があります。詳細は目論見書でご確認ください。【FX】取引所FXの取引手数料は、セルフコースはくりっく365が無料、くりっく365ラージが1枚につき1,018円、サポートコースはくりっく365が1枚につき1,100円、くりっく365ラージが1枚につき11,000円です。店頭FXの取引手数料は無料です。スプレッドは、通貨ごとに異なり、為替相場によって変動します。Webサイトで最新のものをご確認ください。【暗号資産CFD】取引手数料は無料ですが、建玉を翌営業日に繰り越した場合に建玉金額の0.04%をご負担いただきます。スプレッドは、銘柄ごとに異なり、対象暗号資産の相場によって変動します。Webサイトで最新のものをご確認ください。

お取引の最終決定は、契約締結前交付書面、目論見書等およびWebサイト上の説明事項をお読みいただき、ご自身の判断と責任で行ってください。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

動画で分かりやすく解説! TRADENAVI

ページトップへ