株式・証券関連用語集

リスクヘッジ

将来起こりうるリスクについて内容と程度を予測し、的確に対応できる体制を整えることをリスクヘッジと言います。ヘッジと呼ばれる場合もあり、リスクヘッジを目的として行われる取引のことをヘッジ取引と言います。

資産運用におけるリスクヘッジの手法のひとつに、先物取引がよく用いられています。例えば、株式などの現物資産を買い付けると同時に、先物市場で同量の売り注文を出しておきます。そのあと、現物の値下がりが続いた場合に先物市場で既に売ったものを買い戻せば、現物取引の損失を相殺できます。このような、現在保有している株式の値下がりリスクへの対応を売りヘッジと言い、逆に将来保有予定の株式の値上がりリスクへの対応を買いヘッジと言います。このほか、値動きの違う資産に少しずつ投資する分散投資も、リスクヘッジの手法としてよく用いられます。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ