株式・証券関連用語集

EDINET

EDINET(Electronic Disclosure for Investors’ NETwork)は、企業の財務内容に関する開示書類の提出から閲覧まで、一連の手続きを電子化したシステムです。正式な名称は「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム」で、金融庁が運営しています。EDINETを通じて提出・閲覧できるのは、有価証券報告書(四半期報告書、半期報告書)や有価証券届出書、大量保有報告書などの書類です。

EDINETが導入される前は、開示書類等提出者は開示書類を印刷して財務局に提出していました。閲覧者は財務局に出向く、もしくは印刷物が市販されるのを待つしかありませんでした。

EDINETの導入後は、事業会社から金融庁にインターネットを通して提出することができるようになり、投資判断に必要な情報がタイムリーに提供されるようになりました。EDINETの開示書類は誰でも公平にアクセス・閲覧することができます。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ