株式・証券関連用語集

格付け

格付けとは、第三者である民間の格付機関が政府や企業が発行する債券の安全性を数字、アルファベット、記号を組み合わせてランクづけしたものです。投資家が債券に投資する場合、利回りのほかに利払いや償還が確実に行われるかどうかといった発行体の信用力も考慮します。格付けが高い債券であれば投資家にとっての安全性は高くなり、利回りは低くなります。

格付投資情報センター(R&I)の格付けを例にすると、BBB以上であれば投資適格債と位置づけられ、BB以下であれば投資不適格債(ジャンク債)と位置づけられます。格付けは債券発行体の信用力をはかる指標として機能していますが、あくまでも第三者の意見です。そのため、同じ債券でも格付け機関が異なれば評価が異なる場合があります。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ