株式・証券関連用語集

BPS

BPS(Book-value Per Share=一株当たり純資産)は企業の財政状態を表す指標のひとつで、純資産を発行済株式数で割って求めます。自社の株式を保有している企業では発行済株式数から自社株式を除いて計算します。BPSは値が大きいほど企業が安定していることを示しますが、いくら以上であればよいといった一律の基準はなく、企業どうしの相対的な比較で判断します。

企業を解散すると仮定した場合、株主に払い戻す出資額は純資産をもとに計算することから、BPSは企業の解散価値とも呼ばれます。株価をBPSで割ったものがPBR(Price Book-value Ratio=株価純資産倍率)と呼ばれ、PBRは株価がBPSの何倍になっているかを表します。1であれば株価と企業の解散価値が等しいと判断されます。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ