株式・証券関連用語集

ヘリコプターマネー

ヘリコプターマネーとは、政府と中央銀行(日本では日銀)が国民に返済不要のお金を配る政策のことです。空を飛ぶヘリコプターから現金をばらまく様子にたとえられた言葉ですが、実際には、政府が元利の支払いがない国債を中央銀行に発行し、得られた資金を国民に配るといった方法が考えられます。このようにして配られたお金は、あとで税金として回収される心配がないため、国民が消費に回して経済が活性化することが期待されます。

日本経済のデフレからの脱却をめざして、日銀は大規模な金融緩和やマイナス金利の導入などを行ってきました。しかし、物価上昇率は日銀が目標に掲げる2パーセントには届かず、政策に手詰まり感が見え始めています。そこで、金融市場を中心に、新たな政策としてヘリコプターマネーに注目が集まっています。しかし、現行の法制度の下では実施できないとして、日銀はヘリコプターマネーに否定的な立場をとっています。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ