株式・証券関連用語集

ETN

ETNは上場投資証券や指標連動証券という意味で、「Exchange Traded Note」を略したものです。
ETFは株価指数に連動する上場投資信託ですが、ETNは金融機関(発行体)がその信用力をもとに、価格が特定の指標に連動することを保証する債券です。ETNはETFとは異なり、発行体が対象指標との連動性を保証することとなるため裏付けとなる現物資産を持たない(必要としない)という特徴があります。このため、ETNは「外国人への投資規制が存在する新興国株式」や、「希少資源」、「時間の経過とともに劣化してしまう農産物」などのように現物資産の保有が困難な対象指標であっても組成が可能といわれています。

ETNもETFと同じように上場しているために証券会社で株式同様に購入できます。運用コストが債券指数型の非上場投資信託より安い点もETFと同様です。

また、ETNは債券として商品設計されているため満期が到来すると償還されることになる点には注意が必要となります。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ