株式・証券関連用語集

塩漬け

塩漬けとは、保有している銘柄の株価が大幅に値下がりし、売却した場合に損失が大きくなってしまうので、「売りたいけど売れない」まま長い期間保有し続けていることをいいます。また、株価が下がってしまった銘柄を「また値が上がってきたら売ろう」と考えて、今後上昇するという確証もないのに持ち続けてしまっている状態も同様です。

塩漬け銘柄を持ち続けていると、評価損が増えるだけではなく、ほかの銘柄の投資タイミングを逃してしまうことにもなりかねませんので注意が必要です。株式以外では不動産といったその他の投資商品でも同じことがいえます。塩漬けにならないためには、上昇末期の高い値段で株を買わないということや、思惑と異なる動きとなった場合の損切りが重要なポイントとなります。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ