株式・証券関連用語集

損切り

投資関連の取引において、商品を購入し、その後の価格変動で買値よりも価格が下落した場合に損失を覚悟で売ってしまう行動のことです。損切りは、当初の予想が外れて含み損(評価損)が出ている時に、さらなる損失の拡大を防ぐために反対売買をして取引を解消することを指します。

取引を本業とする専門家であっても勝つ場合もあれば、負ける場合もあります。そして、投資において継続的に勝ち続けるための要因のひとつがこの損切りができるかどうかであるともいわれています。
損切り後、株価が戻ってくる場合もありますが、評価損の拡大により心理的に追い込まれ冷静な判断ができなくなることを防ぎ、次の機会利益を狙った方が良いこともあります。

損切りは、頭では分かっているものの実行に移すのは難しいことから様々な言い回しで表現されています。

「見切り千両、損切り万両」
「不利運のとき、見切り大切のことなり。思い入れ違うときは早仕舞い、行付をみるべし」
「損は落とせ、さらば利益は大ならん」

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ