株式・証券関連用語集

ロスカット

FXの差金決済取引では一定以上の含み損が出てしまうと、強制的に建玉が決済されるロスカットという制度が設けられています。国内の業者の場合は、取引額の4パーセント以上の証拠金を預けておかなければなりません。

含み損は証拠金と相殺されるため、含み損を差し引いて4パーセントを切るとロスカットになってしまいます。ロスカットの基準をもっと高めに設定している業者も多いです。大抵の業者はロスカットの基準額に近づくと、アラートで知らせるサービスを実施しています。実際にロスカットになる前に決済すれば、売却損を小さく抑えることも可能です。

また、証拠金がギリギリの金額で建玉を作ると、少し含み損が出ただけでロスカットになってしまうため注意が必要です。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ