株式・証券関連用語集

立会外分売

株式を購入するには取引時間内に買い注文が約定しなければなりません。しかし、取引時間外に大株主から株式を購入できることもあります。これを立会外分売と言います。

企業が立会外分売を実施する際には、あらかじめ証券会社のWebサイト等で公表されます。購入を希望する人は証券会社を通じて応募をし、応募者が多数の場合には抽選が行われて当たった人のみが購入できます。

立会外分売によって株式を購入する場合には、時価よりも数パーセント程度安い金額で購入できることが多いです。企業が立会外分売を実施する目的は、主に自社株の流動性を高めるためと、株主数を増やすということが挙げられます。株主数が増えることで、現在よりも上位の市場に市場替えを狙うためです。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ