株式・証券関連用語集

MRF

証券会社に口座を開設して入金をすると、株式や投資信託などを購入できる状態になります。
入金だけしておいて、株式や投資信託の購入は期間をおいてからやるということもできますが、その際に口座に入っているお金は一般的にMRFで運用されます。

MRFはマネーリザーブファンドの略で、非常に安全性を重視して運用される投資信託です。銀行の普通預金とほぼ同じと考えていいでしょう。元本が保証されているわけではありませんが、実際に元本割れして残高が減るリスクは非常に低いです。

金利は銀行の普通預金よりもほんの少しだけ高めになっています。ほとんどの証券会社では、特に購入手続きをしなくても、口座に入金した時点で自動的にMRFに回されます。株式や投資信託を購入した残りをそのまま口座に入れたままにしておいた場合も同様です。

出金したり、株式や投資信託の購入に充てたりするとその分だけ解約されることになります。出金の際に特に手数料もかからず、自由に出し入れできます。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ