株式・証券関連用語集

ロックアップ

株主が公開前から保有している株式を、一定の期間は公開後も売却しないように契約をすることをロックアップといいます。

公開前に安くで手に入れた株式を公開後にすぐ手放すと、株主が株を仕入れたときよりも高価で売ることができるため、株主は公開後にすぐ手放すことで利益を得ようとすることができるのですが、そうすると株価が一気に下がってしまいます。
この事態を防ぐために、株の公開前に株主とあらかじめ契約をしておいて、株価が下がるのを防ぎます。

ロックアップの契約期間が終わると、株主は株を手放すことができます。ロックアップの契約期間は180日が多い傾向にありますが、期間などの詳しい契約内容は、目論見書で確認しましょう。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ