株式・証券関連用語集

株式取引やFX取引において、株価などの価格(=ある期間の始値、終値、高値、安値の4つの価格)をひとつの線で表すローソク足で、前回できたローソク足と今回できたローソク足の間に空白ができることがあります。
そのできた隙間のことを「窓」と言います。

これは、マーケットが急上昇したり急落したりするときに現れることが多いです。
マーケットの上昇する場面においては、前日高値よりさらに高くついて推移していき、終値においても前日高値を上回ってしまう際に窓が現れます。

一般的には窓ができるとさらにその方向に強く相場が動くとされていますが、時にはこの窓がマーケットにおいて転換点になってしまうことも少なくありません。
窓が開いた後に、元の水準の株価に戻ってしまうことも多く、これを「窓埋め」といいます。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ