株式・証券関連用語集

ADR

ADRとは、米国預託証券ともいわれています。アメリカの投資家が、アメリカ以外の外国企業に自国通貨(ドル建て)で投資できるように作られた代替証券のことです。
ADRは仕組み上、アメリカ以外の国の株式等をアメリカの証券市場で流通できるようにするために発案され、本券(株式等)は原証券発行国の銀行等に保管されます。その見返りにアメリカの受託銀行が同一の権利内容を英語で表示した証書である「米国預託証券」を発行することになっています。
ADRは略で、American Depositary Receiptが正式名称です。

アメリカ以外の国の企業の預託証券をSEC(米国証券取引委員会)に登録して、アメリカ国内の企業の株と同じようにドルでの売買をすることができるようになります。ADRを使用することで、新しく口座を開くことなくアメリカを中心に投資を行うことが可能となります。

ADRは、スポンサーがついているもの(スポンサードADR)とついていないもの(アンスポンサードADR)があります。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ