株はどうやって買うの?初心者でも分かる株式投資の賢い始め方

そうだ、株を買おう! と思い立っても、すぐに株を買えるわけではありません。証券口座を作り、そこに資金を入金し、銘柄を選んで……と、意外とやることが多いのです。また、投資を始める前には、どんな取引スタイルで、どんな利益を得ようとするのかを決めることも大切。ここでは、株を始めるための基礎知識や、事前に検討しておきたい事柄などをまとめます。

株はどこで、どう買うの? 始めるために必要な基礎知識

株を買うためには、証券会社に口座を開設し、その口座に入金して、取引の環境を整える必要があります。そして証券会社の取引システムから、インターネット経由で注文を出し、それが約定(注文した取引が成立)することで、“株を買う”行為が完了します。ちなみに、株はインターネット経由でしか買えないわけではなく、証券会社の店頭や電話での注文で買うこともできます。

証券口座の作り方

まずは証券会社を選んで、口座開設を申し込みます。最近はインターネット上だけで完了するのが一般的になりました。口座開設の申し込みには、マイナンバーと身分証明書等が必要です。申し込み後、所定の審査を通過すると、数日のうちに口座開設完了の通知と、取引システムへのログイン情報が届きます。そして、取引システムにログインし、入金を完了させれば、株を買うことができるようになります。

証券口座への入金の仕方

証券口座へ入金するには、インターネットバンキングが便利です。提携金融機関のサービスによっては入金指示が即時反映される場合もあります。それ以外では、指定口座への振り込みを証券会社側が確認した後に口座に反映されるという、タイムラグのある流れとなります。

株を注文する流れ

証券口座で口座を開設し、入金まで完了したら、まず買いたい株を選びます。そしてその株をいくつ(株数)、どのように(成行注文または指値注文など)、いくらで買うか……といった内容を、取引システムで操作・決定していきます。その発注が約定すれば、取引完了です。ちなみに、成行とはその時のリアルタイムでの株価で価格を指定せずに発注すること、指値とは取引したい発注価格を指定する注文方法のことです。

株式投資で得られる利益は3タイプ

株を買うことにより得られる利益には、キャピタルゲイン、インカムゲイン、株主優待の3つのタイプがあります。また、取引のスタイルは、デイトレードのような短期投資と中長期投資に大別されます。以下で、3つの利益のタイプと取引スタイルについて解説します。

3つの利益のタイプ

  • 1.キャピタルゲイン
    保有している株を売却することによって得られる売買差益のこと。例えば、50万円で買った株が60万円になったときに売却した場合、その差額の10万円(手数料や税金を除く)がキャピタルゲインです。その反対の損失は、キャピタルロスといいます。
  • 2.インカムゲイン
    株を保有していることで得られる配当金のこと。銘柄によって、配当利回りや、配当の回数が異なり、業績次第で増配や減配になることもあります。また配当金を得るには、権利確定日に株を保有している(株式名簿に名前が載っている)必要があります。ちなみに、株を保有していれば必ず配当金がもらえるわけではなく、業績によって配当額が変動することや、会社方針や業績等により無配当の企業もあります。
  • 3.株主優待
    企業が株主に対して、自社サービスの商品や割引券等を与えること。例えば、ディズニーランドを運営するオリエンタルランドは、株主優待としてパスポート券をプレゼントしています。こちらもインカムゲインと同様、権利確定日に株を保有している必要があります。

取引スタイル

株を買うスタイルの例として、下記のようなものがあります。

  • どんどん短期売買して、売買差益を積み重ねる
  • 理論的な価値に比べて割安な銘柄を、短期または長期保有し、売買差益を狙う
  • 大きく成長しそうな銘柄を、長期保有し、大きな売買差益を狙う
  • 株主優待をもらうために、短期または長期保有する
  • 高配当をもらうために、短期または長期保有する

株式投資を始める際には、資金量や、許容できるリスクと求めるリターン、株に投資する目的などから、自分に合ったスタイルを決めるのが、賢い方法だと言えます。

資金量によって、購入可能な銘柄は異なる

株は、1万円で買える銘柄もあれば、100万円以上なければ買えない銘柄もあります。一口に株を買うといっても、それにかかる費用の格差は大きいのです。では、自分が買いたい銘柄は、いくら必要なのでしょうか。例えば、株価が5万円の銘柄の場合、その銘柄を5万円で買えるわけではありません。必要な購入金額は、株価×1単元で求めることができます。単元とは、最低取引単位のこと。2018年10月から1単元は100株に統一されましたので(例外あり)、株価×100が、購入金額を求める計算式です。すなわち、株価5万円の銘柄は、500万円が購入金額となります。これが最低取引単位の金額ですから、さらに買いたい場合は、1,000万円、1,500万円、2,000万円…となっていきます。

ちなみに、岡三オンライン証券を含む多くの証券会社では、単元未満株といって最低取引単位に満たない数量での売買も可能です。つまり、高額な銘柄を少額の資金で取引することができます。単元未満株でも、配当がある銘柄では保有株数に応じて配当がもらえ、一部には株主優待がもらえる銘柄もありますが、株主総会における議決権の行使は認められません。

株式投資以外にも投資の選択肢はある

株式投資の他にも、日経平均株価や外国為替を対象としたものなど、さまざまな投資があります。ここでは代表的な投資先の概要を紹介します。

<投資信託>
プロが投資家から集めたお金を運用する仕組みの金融商品。運用方針はさまざまで、分散投資を目指すバランス型や、より利回りを追求するアクティブ型など、性格が異なります。投資信託選びは自分で行いますが、運用自体はプロにお任せするというスタイルです。証券会社をはじめ、銀行や保険会社等の金融機関でも取り扱っています。

<ETF(上場投資信託)> ETFとは、取引所に上場している投資信託のことです。日経平均株価などの株価指数に連動するよう、運用されます。ただし、投資信託とは違い、株式投資のように取引所で売買されます。株式投資と、投資信託の特徴を併せ持った金融商品です。

<FX(外国為替証拠金取引)>
日本円や米ドル、ユーロなどの通貨の売買を、差金決済により行う金融商品。レバレッジをかけることができ、投資効率を高めることができます。値動きに対してキャピタルゲインを狙ったり、スワップポイント(金利差調整額)というインカムゲインを狙ったりと、さまざまな取り組みができます。

<先物取引>
あらかじめ定められた期日(満期日)に、特定の商品を、あらかじめ決められた価格で売買することを約束する取引。原油などの商品を対象とした商品先物取引や、株価指数を対象とした指数先物取引もあります。買いからでも、売りからでも利益を出すことができたり、レバレッジ取引ができたりするのは、FXや後述するくりっく株365と同じです。

<くりっく株365(取引所CFD)>
東京金融取引所に上場する、日経平均株価やNYダウといった株価指数を取引できる金融商品。ニュース等でよく見聞きする日経平均株価やNYダウに投資したい場合は、くりっく株365が選択肢の1つです。少ない資金でレバレッジ取引ができ、値上がりを予想した買いだけではなく、値下がりを予想した売りでも、利益を出すことができます。また、株と同じように買いのポジションを保有した場合は配当相当額がもらえます(株価指数の構成銘柄に配当があった場合に配当相当額が付与されます)。
くりっく株365は、あまり聞き覚えのない方もいるかもしれませんが、投資の内容自体はシンプルで分かりやすいものです。詳しくは、下記URLで解説しています。また岡三オンライン証券では、豊富な情報と、充実の取引ツールを用意。初心者でも安心して始められる環境が整っています。

岡三オンライン証券 取引所CFD(くりっく株365)

まとめ

  • 株を買うには、証券口座の開設、入金などの準備が必要
  • 利益はキャピタルゲイン、インカムゲイン、株主優待の3タイプ
  • 株の購入額は、株価×1単元で求められる
  • 株以外にも投資の選択肢はさまざま
  • 「日経」及び日経平均株価の表示に対する知的財産権その他一切の権利は、全て日本経済新聞社に帰属しています。
  • ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)はSPDJIがライセンスに係る権利を保有しています。
  • 「株365」「くりっく株365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標であり、同取引所が上場している取引所株価指数証拠金取引の愛称として使用するものです。
  • 「取引所株価指数証拠金取引株365」「取引所CFDくりっく株365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標です。
ご注意

リスク

【株式等】株価変動による値下りの損失を被るリスクがあります。信用取引、先物取引、オプション取引および株価指数証拠金取引では投資金額(保証金・証拠金)を上回る損失を被る場合があります。株価は、発行会社の業績、財務状況や金利情勢等様々な要因に影響され、損失を被る場合があります。投資信託、不動産投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等は、裏付け資産の評価額(指数連動型の場合は日経平均株価・TOPIX等)等、先物取引、オプション取引および株価指数証拠金取引は対象指数等の変化に伴う価格変動のリスクがあります。外国市場については、為替変動や地域情勢等により損失を被る場合があります。上場新株予約権証券は、上場期間・権利行使期間が短期間の期限付きの有価証券であり、上場期間内に売却するか権利行使期間内に行使しなければその価値を失い、また、権利行使による株式の取得には所定の金額の払込みが必要です。株価指数証拠金取引では建玉を保有し続けることにより金利相当額・配当相当額の受け払いが発生します。【外貨建て債券】債券の価格は基本的に市場の金利水準の変化に対応して変動するため、償還の前に売却すると損失を被る場合がございます。また、額面金額を超えて購入すると償還時に損失を被る場合がございます。債券の発行者又は債券の元利金の支払いを保証している者の財務状態の悪化等により、債券の価格が変動し損失を被る場合がございます。債券の発行者又は債券の元利金の支払いを保証している者の財務状態の悪化等により元本や利子の支払いが滞り損失を被る場合がございます。外貨建て債券は外国為替相場の変動などにより、円換算でのお受取金額が減少する恐れがあります。これにより円換算で投資元本を割込み、損失を被る場合がございます。【FX】外国為替証拠金取引(以下、「FX」という。)は預託した証拠金の額を超える取引ができるため、対象通貨の為替相場の変動により損益が大きく変動し、投資元本(証拠金)を上回る損失を被る場合があります。外貨間取引は、対象通貨の対円相場の変動により決済時の証拠金授受の額が増減する可能性があります。対象通貨の金利変動等によりスワップポイントの受取額が増減する可能性があります。ポジションを構成する金利水準が逆転した場合、スワップポイントの受取から支払に転じる可能性があります。為替相場の急変時等に取引を行うことができず不測の損害が発生する可能性があります。【各商品共通】システム、通信回線等の障害により発注、執行等ができず機会利益が失われる可能性があります。

保証金・証拠金

【信用】最低委託保証金30万円が必要です。信用取引は委託保証金の額を上回る取引が可能であり、取引額の30%以上の委託保証金が必要です。【先物・オプション】発注必要証拠金および最低維持証拠金は、「(SPAN証拠金額×当社が定める掛け目)-ネットオプション価値の総額」とし、選択取引コース・取引時間によって掛け目は異なります。当社のWebサイトをご確認ください。また、変更の都度、当社のWebサイトに掲載いたします。【株価指数証拠金取引】発注証拠金(必要証拠金)は、株価指数ごとに異なり、取引所により定められた証拠金基準額となります。Webサイトで最新のものをご確認ください。【FX】個人のお客様の発注証拠金(必要証拠金)は、取引所FXでは、取引所が定める証拠金基準額に選択レバレッジコースに応じた所要額を加えた額とし、店頭FXでは、取引金額(為替レート×取引数量)× 4%以上の額とします。一部レバレッジコースの選択ができない場合があります。法人のお客様の発注証拠金(必要証拠金)は、取引所FXでは、取引所が定める証拠金基準額とし、店頭FXでは、取引金額(為替レート×取引数量)×金融先物取引業協会が公表する数値とします。発注証拠金に対して、取引所FXでは、1取引単位(1万又は10万通貨)、店頭FXでは、1取引単位(1,000通貨)の取引が可能です。発注証拠金・取引単位は通貨ごとに異なります。Webサイトで最新のものをご確認ください。

手数料等諸費用の概要(表示は全て税込・上限金額)

【日本株】取引手数料には1注文の約定代金に応じたワンショットと1日の合計約定代金に応じた定額プランがあります。ワンショットの上限手数料は現物取引で3,300円、信用取引で1,320円。定額プランの手数料は現物取引の場合、約定代金100万円以下で上限880円、以降約定代金100万円ごとに550円加算、また、信用取引の場合、約定代金200万円以下で上限1,100円、以降約定代金100万円ごとに330円加算します。手数料プランは変更可能です。信用取引手数料は月間売買実績により段階的減額があります。信用取引には金利、管理費、権利処理等手数料、品貸料、貸株料の諸費用が必要です。【上場新株予約権証券】日本株に準じます。【中国株】国内取引手数料は約定金額の1.1%(最低手数料5,500円)。この他に香港印紙税、取引所手数料、取引所税、現地決済費用の諸費用が必要です。売買にあたり円貨と外貨を交換する際には、外国為替市場の動向をふまえて当社が決定した為替レートによるものとします。【外貨建て債券】外貨建て債券を募集・売出し等により、又は当社との相対取引により購入する場合は、購入対価のみをお支払いただきます。外貨建て債券の売買、償還等にあたり、円貨と外貨を交換する際には、外国為替市場の動向をふまえて当社が決定した為替レートによるものとします。【先物】取引手数料は、通常取引コースの場合、日経225先物が1枚につき330円(取引枚数により段階的減額あり)、日経225mini、ミニTOPIX先物、東証REIT指数先物、TOPIX Core30先物、東証マザーズ指数先物、JPX日経インデックス400先物が1枚につき44円、TOPIX先物、日経平均VI先物が1枚につき330円、NYダウ先物が1枚につき880円。アクティブ先物取引コースの場合、日経225先物が1枚につき275円、日経225miniが1枚につき27円です。【オプション】取引手数料は、日経225オプションが約定代金に対して0.176%(最低手数料220円)、TOPIXオプションが約定代金に対して0.22%(最低手数料220円)です。【株価指数証拠金取引】取引手数料は、セルフコースは1枚につき156円、サポートコースは1枚につき3,300円です。【投資信託】換金時には基準価額に対して最大0.75%の信託財産留保金をご負担いただく場合があります。信託財産の純資産総額に対する信託報酬(最大2.42%(年率))、その他の費用を間接的にご負担いただきます。また、運用成績により成功報酬をご負担いただく場合があります。詳細は目論見書でご確認ください。【FX】取引所FXの取引手数料は、セルフコースはくりっく365が無料、くりっく365ラージが1枚につき1,018円、サポートコースはくりっく365が1枚につき1,100円、くりっく365ラージが1枚につき11,000円です。店頭FXの取引手数料は無料です。スプレッドは、通貨ごとに異なり、為替相場によって変動します。Webサイトで最新のものをご確認ください。

お取引の最終決定は、契約締結前交付書面、目論見書等およびWebサイト上の説明事項等をよくお読みいただき、ご自身の判断と責任で行ってください。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ