株式・証券関連用語集

リバランス

ポートフォリオ運用において、相場変動により当初に定めた投資配分から変わってしまった比率を調整し、もとの配分に修正することを指します。

例えば500万円の資金を、日本株式に60パーセント、海外債券に40パーセントの比率で当初配分していたとします。相場の変動により、日本株式が20パーセント上昇、海外債券が30パーセント下落したとすれば、その時点での投資配分は日本株式が72パーセント、海外債券が28パーセントに変化します。そこで、日本株式を売却して海外債券を購入し、当初の60:40の配分比率に戻すことが、リバランスです。

定期的にリバランスを実施することで、リスクとリターンを極力コントロールし、想定外のリスクを防ぐことが目的となります。

なお、当初の配分比率自体を変更するケースもありますが、この変更のことをリバランスと区別してリアロケーションと呼ぶ場合もあります。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ