株式・証券関連用語集

のれん

のれんとは、企業が持つブランド価値といった、会社の超過収益力である無形固定資産を指す言葉です。会社を買収するときは、その会社の経営状況から買収価格が決まりますが、買収価格が純資産の時価を上回るとき、その上回った部分がのれんと考えることができます。

企業が計上したのれんは、日本の会計基準では均等額償却で20年以内に償却されます。国際会計基準(IFRS)では毎期の償却は行わず、のれんの価値が大きく損なわれたときに減損処理を行います。 まれに買収価格が純資産の時価を下回る企業買収が行われることがありますが、その際下回った差額を負ののれん代として計上します。なお、負ののれんは発生した会計年度で一括して利益計上します。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ