株式・証券関連用語集

COO

COOとはChief Operating Officerの略で、日本語では最高執行責任者と訳されます。アメリカでは法人の役員の一種として理事会・株主総会等で選任され、日々の事業運営(特に営業活動)に関し包括的な責任を担います。CEOの決定した経営方針や経営戦略に従い業務を執行する責任者で、CEO(最高経営責任者)のように財務・会計・法務等幅広い分野の責任は負いません。

日本の法律においては、正式にCOOを定義する条文はありませんが、委員会設置会社における代表執行役・執行役が、COOに似た性質の立場となっています。なお、営業部長や事業部長などがCOOを兼任している会社も数多く存在します。例外的に事業分野ごとに異なるCOOを設置している企業もありますが、その数は少ないです。日本でCOOが定着し機能するまでには、まだ時間がかかると言われています。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ