株式・証券関連用語集

円安

円安とは、外国の通貨に比べて日本円の価値が下がることを意味する言葉です。米国ドルを例にすると、1ドル=100円だったのが105円になることを円安と呼びます。数字が大きくなるので円高になったように感じがちですが、米国ドル1ドルを手に入れるのに100円払えば良かったのが105円必要になったことから、円の価値が下がった、つまり円安になったということになるのです。

円安になると輸出企業や観光産業の業績が良くなり、これらの企業の利益が上昇する傾向があります。また、日本の株式市場には輸出企業が多く上場しているため、円安になると相場が好転することが多くなります。一方、ガソリンや食料品など輸入に頼る物品の価格が上昇するため、生活者にとってマイナスの側面もあります。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ